【アニメ】けものフレンズの円盤売り上げが爆死!?

 

 

今日、けものフレンズの売り上げが爆死したとか騒がれていますが、本当にそうなのかを見ていきます。

 

まず爆死の根拠となっているのは↓のオリコンランキングのようです。

 

週間BOOKランキング 4/3

*1 90歳何がめでたい 46128
*6 騎士団長殺し 17440 421989
*8 とんでもスキルで異世界放浪メシ 16413
10 騎士団長殺し2部 15406 336436
12 キラキラプリキュアアラモード&オールスターズファンブック 13452

(略)

48 劇場黒子 LASTGAME 6974
50 プロ野球カラー名鑑2017 6699

 

ここにないからけものフレンズの円盤売り上げ枚数は6700枚以下で騒がれていたほど売れてなかった(あの低予算CGで6000枚近く売れたら大成功だと思いますが・・・)という流れのようですが、個人的に初動は大したことなのは当たり前だと思います。

 

なぜかというと、けものフレンズBD1巻(正確にはオフィシャルブック付属BD)は当初このようなブームになることは誰も想定していなかったので、おそらく出荷数がとても絞られていました。

 

どうやら円盤付きの本は、書店側が買い切り方式で書店からの受注がない限り、刷らないようで、1巻の予約締切が1月27日、そしてふたばからブームが始まったのが2月初頭で、現にAmazonでの注文はブームが起きてからすぐにBDの予約締切がきて在庫切れで予約すらできませんでした。なので現行出回っている297枚というのが恐らく初版の出荷数なのだと思います。

 

この300枚も、もともとけもフレアプリをやっていた数百人向けに作ったものだと考えれば出荷数の異常な少なさにも納得がいきます。

 

そして重版の発送が4月以降なので、一か月後に本当の売り上げ枚数が出てくるだろうと個人的には思っていますが、まだ1巻以降も予約ができない状況が続いており、せっかく盛り上がったのブームの需要に対応できないというのはかなりの機会損失でもったいないように感じます。

 

特にブームの中心が流行り廃りが激しいニコニコ中心ですし、重版が来る頃にはみんな飽きて次のコンテンツに移ってそうなので本当にもったいないです。

 

ですが、私もけものフレンズを見たところストーリーも所々伏線が貼られていたり、動物キャラの描写が無駄に細かかったりとなかなか面白かったので、まどマギのように案外長続きするコンテンツになるかもしれません。

 

 

 

animeseiyu.hatenablog.jp

 

 

 

animeseiyu.hatenablog.jp

 

 

将来が不安な社会人・大学生の方へ


プログラミングは小学校の義務教育にも導入され始めており、これから社会人として生きていく上でプログラミングはもはや出来て当たり前、出来なれば論外というエクセルレベルの必須スキルになりつつあります。そしてそういう話を聞いて参考書なりを購入して独学でプログラミング勉強しようと思っている人も少なくないでしょう。しかしプログラミングを独学で勉強し始めようと思うものの



・「分からない箇所で詰まって挫折してしまった」

・「勉強する時間が足りない」

・「ネットの記事だと情報が断片的でよくわからない」

・「コードのエラーの原因が分からない」



という壁にぶち当たって、プログラミングの勉強を止めてしまう方が少なくありません。独学でプログラミングを勉強してる時間のほとんどはつまづいている時間です。実際私も最初独学でプログラミングを勉強していた頃はエラーの原因が分からず、丸1日を不意にしてしまった・・・そんな苦い経験がありました。。。



そういったエンジニア転職を考えている社会人や就職活動を間近に控えて面接やESでの武器がない大学生の方にオススメしたいのが『GEEK JOB』という無料プログラミング学習サービスです。





『GEEK JOB』では、大手IT企業がスポンサーについているので、『受講料が完全無料』であるのに加えて、個別指導でかつ業界未経験でも最短1ヶ月でプログラミングを習得できます。



加えて、『GEEK JOB』では、優秀な方だと↓のような、DMMなどの『有名IT企業への就職も斡旋してくれる』まさに至れり尽くせりのプログラミング学習サービスです!



なので、『GEEK JOB』はこれからの不安定な将来に向けて本気で手に職を付けてITエンジニアになりたいと考えている社会人・大学生の方にはオススメのプログラミング学習サービスです。





関連記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。