【ガンダム】鉄血のオルフェンズの感想

f:id:oruka199665:20170326043909p:plain

 

 

今日は現在テレビシリーズ放映中のガンダム最新作である「鉄血のオルフェンズ」について触れたいと思います。

今まで1期・2期とみてきて終盤を迎えたわけですが、まず一言で作品の感想を言うと「ひどすぎる」です。

何ですかこれ、BLアニメかなんかですか?というかストーリーの筋が全くなくて物語として成立してません・・・。

今まで駄作認定を受けたAGE・Gレコ・種死ですらどういう話で何がしたかったかというのは理解できたのですが、この作品に関してはそこらが本当に分かりません。

まず中盤で厄災戦の相手で会ったMAが発掘されて大暴れしましたが、この設定が全く生かされてません。そもそもビームが実弾より弱いってどう考えてもおかしいですよね?

そしてマクギリスの駆る「ガンダムバエル」ですが、ギャランホルン創始者であるアグニカ・カイエルの魂が宿っていて起動させたものはギャラルホルンのトップに立てるとか言っていたにも関わらず、いざ実際マクギリスがクーデターを起こし、バエルを起動させたら誰も従わないってもう渾身のギャグです。

しかもこの満を持して登場したガンダムバエルですが、なんとスペックがキマリス・ヴィダールと大差ない(実際に対戦した際は押され気味)の性能で、武装は大剣だけで特殊能力がなにもないという驚愕のスペックです。

普通、終盤に登場する目玉機体ってデスティニーとかストフリとかクアンタみたいに、大抵1機で戦局をひっくりかせるくらいの性能をしているものなんですが、このガンダムバエル、大して強くありません。

そもそもガンダムってガンプラ販促アニメのはずなのに出撃シーンと戦闘シーンがな全然ないんですよね( ^ω^)・・・

でラフタやオルガといったメインキャラがMSの戦闘ではなく、ヒットマンに暗殺されるってもうロボットアニメの意味があるのかって話です。

しかも暗殺→葬式→落とし前の流れを何回やるんだって話です。死に方もとりあえず殺しとけみたいな死に方ばっかりで本当に感動もへったくれもないです。

噂によればOOなどの作画をしていた人が抜けたり、サンライズ内部もグダグダなようで今回の迷走っぷりはそれが原因かもしれません。

3スタの方のサンダーボルトの方は人気で続編も決まったばかりに、肝心のテレビシリーズがこのざまっていうのが本当にもったいないと思います。

とりあえず今回の失敗の責任を、脚本の岡田磨里氏とプロデューサーの小川正和氏がちゃんと取ってくれることを切に願うばかりです。

将来が不安な社会人・大学生の方へ


プログラミングは小学校の義務教育にも導入され始めており、これから社会人として生きていく上でプログラミングはもはや出来て当たり前、出来なれば論外というエクセルレベルの必須スキルになりつつあります。そしてそういう話を聞いて参考書なりを購入して独学でプログラミング勉強しようと思っている人も少なくないでしょう。しかしプログラミングを独学で勉強し始めようと思うものの



・「分からない箇所で詰まって挫折してしまった」

・「勉強する時間が足りない」

・「ネットの記事だと情報が断片的でよくわからない」

・「コードのエラーの原因が分からない」



という壁にぶち当たって、プログラミングの勉強を止めてしまう方が少なくありません。独学でプログラミングを勉強してる時間のほとんどはつまづいている時間です。実際私も最初独学でプログラミングを勉強していた頃はエラーの原因が分からず、丸1日を不意にしてしまった・・・そんな苦い経験がありました。。。



そういったエンジニア転職を考えている社会人や就職活動を間近に控えて面接やESでの武器がない大学生の方にオススメしたいのが『GEEK JOB』という無料プログラミング学習サービスです。





『GEEK JOB』では、大手IT企業がスポンサーについているので、『受講料が完全無料』であるのに加えて、個別指導でかつ業界未経験でも最短1ヶ月でプログラミングを習得できます。



加えて、『GEEK JOB』では、優秀な方だと↓のような、DMMなどの『有名IT企業への就職も斡旋してくれる』まさに至れり尽くせりのプログラミング学習サービスです!



なので、『GEEK JOB』はこれからの不安定な将来に向けて本気で手に職を付けてITエンジニアになりたいと考えている社会人・大学生の方にはオススメのプログラミング学習サービスです。





関連記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。